strain gage animation

English

トルク変換器

   概要

トルクとは「力のモーメント」と一般的に云われており単位を[N•m]で表します。 自動車・鉄道・電気・産業機械等では動力特性試験、機械部品の信頼性・安全性に係わる締結力管理、ステアーリング操作性評価等の品質管理に幅広くトルク変換器を使った計測が行われています。トルク変換器には主に回転式と非回転式の2種類に大別されその検出構造も種々ありますが、当社製品はいずれのタイプもひずみゲージ式トルク検出方法を用いており、機械的捩り角が非常に小さく応答性の高い動的トルクの検出が可能という特長を持っています。 また、トルクの物理量単位は [N•m]で表されることからトルク計測に力検出器を用いることが可能なことから、機械装置の構造上トルク変換器が設置できない際にロードセルを利用したトルク検出も広く応用されてます。

トルク変換器の種類

下記の一覧表より用途に応じて詳細仕様をご確認下さい。また、トルク&軸力やトルク&回転角を同時に測定可能な特殊トルク変換器の製作も可能です。その他、特注品への対応も可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

トルク変換器一覧

タイプ 構造・特長 定格範囲 直線性(%RO) 定格出力(mV/V) 使用温度(℃)
TP-L 非回転式・超微小トルク・アルミ合金製※1
1,..100 N•cm
0.3
1mV/V(公称値)
−10〜40
TP-R 非回転式・低トルク・高剛性・アルミ合金製※1
50,..1000 N•cm
0.2
1mV/V(公称値)
−10〜40
TP 非回転式・高剛性・両端フランジ付・汎用
50,..20 kN•m
0.2
1.0±1 %
−10〜60
TQP 回転式(スリップリング方式)・汎用※1
5,..20 kN•m
0.3
0.5,1.0,1.5±1 %
−10〜60
TPD 非回転式・薄型・高剛性・両端フランジ付※1
500,..10 kN•m
0.2
1.0±1 %
−10〜60
  • ※1 全て受注生産品です。
get_adobe_reader

Home | About Us | Contact Us | Site Map | Copyright©2007 Showa Measuring Instruments Co.,LTD. All rights reserved.