strain gage animation

English

変位変換器

Displacement Transducers

   概要

当社TCL型変位変換器はひずみゲージを利用したカンチレバー式と摺動抵抗線式の2種類に大別され、いずれもデータロガーや動ひずみ測定器を介して変位を電気量に変換して出力します。この変位変換器は棒状およびダイヤルゲージ形状のため非常に扱い易く、自動車・建築・土木などの実験研究で多点変位計測で威力を発揮しています。現在、変位センサーはレーザ・渦電流・差動トランス他数多くの方式がありますが、当社ひずみゲージ式変位変換器は開発から既に40年近い年月を経過しておりますが、その開発のねらいがひずみゲージによる応力測定と同時に多点変位計測のセンサーを安価に提供することを目標としておりました。今日もなお同じ構造を採用している他メーカを含め多点変位計測では国内で最も利用されている変位センサーといえます。

変位変換器の種類

下記の一覧表より用途に応じて詳細仕様をご確認下さい。また、特殊変位変換器としてASTMの材料試験に利用するクリップゲージ等の製作も可能です。詳細は当社までお問い合わせ下さい。

変位変換器一覧

タイプ 構造・特長 定格範囲 直線性(%RO) 定格出力(mV/V) 使用温度(℃)
TCLA-A 摺動抵抗線式・目盛付・汎用
30,..300 mm
0.2
1.5±1 %
0〜50
TCLA-B 摺動抵抗線式・高感度・目盛付・汎用
50,100 mm
0.2
100×10-6ひずみ/mm
0〜50
TCL-FA カンチレバー式・ダイヤルゲージ型・汎用
5,..30 mm
0.5
1.5±1 %
5〜40
TCL-M カンチレバー式・小型・軽量・低価格・汎用
5,..50 mm
0.5
1.5±1 %
0〜50
get_adobe_reader

Home | About Us | Contact Us | Site Map | Copyright©2007 Showa Measuring Instruments Co.,LTD. All rights reserved.