strain gage animation

English

JCSS 荷重検定用ロードセル

   概要

JCSS/力計に関する認定事業者も増え各所で力計の校正事業が開始されております。当社も平成14年6月に取得し、JCSS/力計のJCSS 校正サービスを行っております。当社では、試験機・ハカリ・マスターロードセル等の高精度ロードセルを手掛けており、JIS B 7728 に準じた力計の開発を行っております。この力計は指示装置を含めた不確かさの等級として、JIS B 7728/0.5等級(範囲:10〜100% の8段階)の内挿使用でき、JIS B 7721 に規定された一軸試験機の校正に最適設計されています。また、JCSS 認定事業者(認定番号 0112)として荷重検定用ロードセルの製作と併せてJCSS 校正サービスを実施することも可能です。

  • 「力」のJCSS 認定事業者一覧はこちらをご参照下さい。
  • 内挿使用とは校正された力から内挿推定されるすべての力に適用可能。
  • JIS B 7728/0.5等級の指示装置の選定や分解能・不確かさについては弊社までご相談下さい。

荷重検定用ロードセルの製作範囲

当社では下記の定格容量の検定用ロードセルを製作いたします。詳細は営業部までお問い合わせ下さい。

荷重検定用ロードセル外観・仕様

形式名と定格容量・寸法(単位:mm)
形式名 定格容量 A B C D E F G H I J K L M
RCU-50N-S2B 50N 125.5 Φ88 Φ50 114.5 40 70 69 57.5 4-M4深8 40 M12*1.75深15 Φ30 18.5
RCU-100N-S2B 100N 125.5 Φ88 Φ50 114.5 40 70 69 57.5 4-M4深8 40 M12*1.75深15 Φ30 18.5
RCU-200N-S2B 200N 125.5 Φ88 Φ50 114.5 40 70 69 57.5 4-M4深8 40 M12*1.75深15 Φ30 18.5
RCU-500N-S2B 500N 125.5 Φ88 Φ50 114.5 40 70 69 57.5 4-M4深8 40 M12*1.75深15 Φ30 18.5
RCU-1KN-S2B 1KN 125.5 Φ88 Φ50 114.5 40 70 69 57.5 4-M4深8 40 M12*1.75深15 Φ30 18.5
RCU-2KN-S2B 2KN 125.5 Φ88 Φ50 114.5 40 70 69 57.5 4-M4深8 40 M12*1.75深15 Φ30 18.5
RCU-5KN-S2B 5KN 125.5 Φ88 Φ50 114.5 40 70 69 57.5 4-M4深8 40 M12*1.75深15 Φ30 18.5
RCU-10KN-S2B 10kN 177 Φ88
---
152 55 - 90 62.5 4-M6深10 60
---
Φ40 31
RCU-20KN-S2B 20kN 177 Φ88
---
152 55 - 90 62.5 4-M6深10 60
---
Φ40 31
RCU-50KN-S2B 50KN 209 Φ100
---
180 55 - 97 81.5 4-M8深10 70
---
Φ40 35
RCU-100KN-S2B 100KN 220 Φ120
---
185 55 - 108 80 4-M12深15 80
---
Φ50 41
RCU-200KN-S2B 200KN 290 Φ139
---
240 55 - 119 100 4-M16深20 95
---
Φ70 58

仕様・規格

許容過負荷   150%RC
定格出力   2mV/V±1%
直線性   0.03%RO
ヒステリシス   0.03%RO
繰り返し性   0.02%RO
推奨印加電圧   10V 以内
許容印加電圧   20V
入出力抵抗   350Ω
温度補償範囲   0〜40℃
許容温度範囲   −10〜60℃
零点の温度特性   0.003%RO/℃(1kN,2kN)
出力の温度特性   0.003%/℃
コネクタ(本体)   PRC03-21A10-7F
絶縁抵抗   5000MΩ/50V
ケーブル   Φ8-5m(6芯)とし、ケーブル部先端はむき出し
    ※コネクタ取付可能(オプション)

JCSS/力計とISO 9000/ 品質システム事業所における「力」のトレーサビリティ管理ついて

JCSS/ロゴマーク付校正証明書が必要な力計は、JIS B 7728に規定した一軸試験機の検証に使用する校正方法に準じており、一般的な計測用ロードセルには適用されておりません。 このため、ISO 9000/ 品質システム事業所における「力」のトレーサビリティ管理ついては、当面、「トレーサビリティ体系証明書付」での対応となります。但し、一般ユーザにおいて"実用標準"として用いられる場合はその限りではありません。

 
get_adobe_reader

Home | About Us | Contact Us | Site Map | Copyright©2007 Showa Measuring Instruments Co.,LTD. All rights reserved.